なんちゃって女将のアウトドアな日々


by hi636ra8ma

カテゴリ:レース( 10 )

お久しぶりでした~
国体会場にはいって、すっかり選手モードに浸ってました。
今回の会場だった花輪スキー場はアップバーンがほとんどなくて、午前中に公開練習を1本滑ったら、車に乗って30~40分離れたスキー場にポール練習に行くという感じで、少し不便な点も多かったのですが、福島県の先生たちがばっちり用意してくれたアップバーンで徐々に調子もあがり、なかなかいいコンディションでレース当日を迎えました。
今回の国体コースは、スタート直後から斜度があり、どんどんスピードが出てしまいリズムがとりにくく、10旗門目あたりからS字にカーブしながら、少し片斜面になり、またS字コーナーがありゴール前の急斜面に突入、暖斜面は5旗門ぐらいと、急斜面が多いコースなのです。
どちらかというと、急斜面が好きな私ですが、この斜面変化と、独特の雪質にコースオープンのときから、かなり苦戦していました。
コースオープンはできるだけ本数を滑って、あとは何度も頭の中でシュミレーションして、エッジもひっかからないように落としたり、色々と試行錯誤していました。
だた、あまりたくさん滑りすぎると、去年のように試合当日に疲れがピークになってしまうので、ポール練習はほどほどにして、夜は福島県専属トレーナーの馬場さんにマッサージまでしてもらって、体調を整えるほうを重視して臨みました。
成年女子Bは、少年女子のレースのあとに同じコースを使ってレースをするということもあり、コース状況がかなり悪いのではないかと心配してましたが、多少ミゾはついてるものの、ぜんぜん問題ないですと情報をもらい、これは攻めるしかない!と思いスタートしました。
前半は大きなミスもなく、かなり高めのラインで最後まで滑りきりました。ゴールすると電光掲示板に私のゼッケンとタイムが残ってる・・・ってことは入賞してる?!
国体の入賞は8位以内で、去年は12位だったからギリギリ8位に入ればいいかな~ぐらいに思っていたのに、まさかの5位で福島県の先生たちも私も大喜び!
しかも、1位とタイム差も1秒ちょっとだったので、昨年のタイム差を考えたら少しは成長したのかな?という感じでした。
ただ、ゴールしてみると、実はもっと直線的に攻めれたんじゃないかとか、色々と欲が出てきて、表彰台への夢が膨らむのでした。
9日から現地入りして夢のような6日間があっという間にすぎてしまい、もう終わっちゃうんだという寂しい気持ちでいっぱいでした。
30歳すぎてからのスキーがこんなに楽しいとは、自分でも思ってもみませんでした。
1年ごとに25歳の若い選手が同じ組に上がってきますが、これからもマイペースで技術を磨いて挑戦していきたいと思います。
繁忙期にも関わらず、ロッジの仕事もお休みさせていただいて、スタッフや家族に感謝です。
国体前のトレーニングで、技術指導してくださった富井次郎さんありがとうございました!
そして、最後まで応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

c0110386_12254676.jpg

なまはげと記念写真!今回惜しくも途中棄権してしまった兼子佳代(旧姓 三星)選手と。

c0110386_12261079.jpg

久しぶりの表彰式は、WC選手のようにスキーとブーツを持って。
今年から履き始めたダルベロブーツ、フィーリング悪いけど、タイム出るのかも!
[PR]
by hi636ra8ma | 2011-02-15 12:38 | レース

国体予選、無事通過!

すみません、あっという間に1週間たってしまいましたが、無事国体予選完走しました。
福島県の成年女子Bがエントリー1人だけって、寂しすぎます(T_T)
つまり、無事ゴールすれば予選通過ってわけです。
でも、ちゃんと本気で滑ったので、足がガクガクになりました(笑)

福島在住、もしくは勤務先が福島の方、2位まで国体の本戦行けますからね!
気になってる人は、来年勇気をもってエントリーしましょー
成年女子B仲間、大募集中です(^^♪
[PR]
by hi636ra8ma | 2011-01-29 00:09 | レース
沼尻スキー場も3月末で営業が終わり、4月のロッジはのんびりしてます。
冬にすっかり怠けてしまった体に鞭を打つべく、アドベンチャーレースに出場てきました。

3人一組でトレッキング、カヤック、MTB、チームチャレンジに挑戦し、3人で助け合いながら一緒にゴールしなければならないこのレース。自分に甘い私が、ひとりだったら絶対に引き返しそうな登り坂も、他の2人がいると頑張って登ってしまう不思議なレースなんです。

チームメイトは、私が尊敬してやまないアドベンチャーレースからハセツネまでこなす超パワフル看護婦のM子さんと、とても54歳には見えないダンディーなBさんとの男女ミックスチーム。
とにかく、地図読みが苦手な私は二人のあとを必死についていくことに。
今回はBさんが『走らないよ』と宣言していたので、私も気楽にのんびりスタートしたのでした。

c0110386_1611832.jpg

c0110386_1613731.jpg

山道になり、だんだんテンションがあがってゆきます!

c0110386_16353052.jpg

地図読みも絶好調で、知らないあいだにどんどん他のチームを抜いたようです。

c0110386_16414996.jpg

チェックポイントで指示書に目を通します。

c0110386_16455395.jpg

チームチャレンジは3人3脚でフリスビー!なかなか前に進まない・・・・
c0110386_16473255.jpg

3投目で標的の木に当たりみごとクリアー!!

c0110386_1649838.jpg

昨年の優勝チーム『KIWAMI』は、途中でしっかりお蕎麦も食べ余裕のレース運び。
私たちもお蕎麦とイノシシ肉を食べていたら、なんと2チームに抜かれます。
しかし、今回の目的はレースを楽しむこと!だったので、しっかり食べてからスタート。
c0110386_16513254.jpg

ゴールまであと少し。栄養補給をしたせいか、まだ体力にも余裕あります。
時々視界に飛び込む、満開の桜が元気をくれます。
そして清流で有名な那珂川を渡り、無事3人一緒にゴールへ!
スタートしてから、5時間とちょっとが経っていました。
c0110386_1654283.jpg

あ~、楽しかった!!3人で喜んでいると、なんとミックスチームで3位だったことがわかり、さらに喜び倍増!

c0110386_16562261.jpg

3位入賞の自分へのご褒美、アイス蕎麦ぜんざい。激うまでした!

『ロッジとゆかいな仲間たち』で一緒に参加してくれたM子さん、Bさんありがとう!そして、こんな楽しいレースを開催してくれたスタッフの皆さんありがとうございました!
スキーのトレーニングにはもってこいなので、興味のある人は始めてみましょ~♪
[PR]
by hi636ra8ma | 2010-04-12 17:36 | レース
昨日は今シーズンのアルペン滑り納めに、裏磐梯猫魔スキー場で行われた草レースに出場しました。

3月下旬とは思えない滑りやすい雪のため、『ロッジとゆかいな仲間たち』のメンバーもテンションがあがり、スタートまでの空き時間にたくさんフリースキーをしてしまいました。

ネコマは急斜面の一枚バーンがたくさんあるので、フリースキーも楽しいのです。

しかも雪がいいから、なんだか上手くなった気分に!

でも、レースのバーンは中斜面がちょっとに、あとは全部緩斜面!

スキーを回しすぎたら、絶対タイムが出ないコース。

フリースキーで気持ちよ~くターンしたいのをぐっとこらえ、少し暴走気味ぐらいの縦長ターンで目を慣らしました。

そして、いざスタートへ。

優しいHさんから高級スタートワックスをお借りして、惜しみなくたっぷりとスキーに塗らせていただきスタート台へ。

あと2~3人でスタートというのに、『あんた、北海道のどこの出身だい?』と地元のおじさまレーサーから質問攻めに(笑)

スタート審判から、『あまり早くスタートするとタイムが測れないことがあるので、電子音が鳴り終わってからスタートしてください。』との指示。まさか、手動じゃないよね?
怖いので、電子音がなり、審判にちゃんと確認してからスタートバーを切りました。

セットはインスペクションで見てたとおりの真っ直ぐセットで、とにかく曲げないように曲げないようにと滑りました。

ゴールしてタイムを見たら39秒何何と出て、すぐ消えちゃった。
一体、早かったのか、遅かったのか。とにかく、コースは短かったけど。

結果は30~39歳の部、優勝でした!よかった~

『ロッジとゆかいな仲間たち』のHさんも3位入賞。おめでとうございます!

I田さん、I羽さん、お疲れ様でした。

来年こそは入賞目指してがんばりましょーね!

そして、応援にかけつけてくれたAちゃんファミリー、表彰式では盛り上げてくれてありがと~

また一緒にスキーしようね!

c0110386_2221181.jpg


表彰式でもらった賞状を、チビッ子ギャングに奪われ手ぶらで記念写真。
2位のみほさんは国体も一緒に行った、主婦レーサー。
福島も、もっと主婦レーサーが増えるといいね!
[PR]
by hi636ra8ma | 2010-03-29 22:06 | レース
みなさん、お元気ですか~
私はかれこれ一週間も仕事をお休みして、北海道に潜伏中です(笑)
さっぽろ国体に出場するため、古巣のかもい岳で2日間のトレーニングをして、かなりアスリートな気分で臨んだ3年ぶりの国体!
コースオープンでは、15年ぶり?に手稲の急斜面を滑り、びびりまくっていました。
前日の雨と冷えこみで、カリッカリのアイスバーンに仕上がってしまった大会バーン。

福島のふわふわパウダーになれきってしまった私が、果たしてこの堅いバーンを滑れるのでしょうか・・・
久しぶりの大舞台でのレース。

怖いけどもう滑るしかないと覚悟を決めスタート台に立ちました。

前半の緩斜面、思ったよりスピードに乗れず、問題の急斜面へ。
スピードがなかったおかげで、意外とすんなり滑れてしまった。

が、油断するのはまだ早かった・・・・
急斜面を5旗門ぐらいすぎたあたりで、足に疲労が・・・
攻めなきゃいけないのに、足が全然動かない。
それもそのはず、ゴールしたら1分22秒も滑ってました(苦笑)

順位は12位。

できれば入賞にからみたかったんだけど、やれることはすべてやったので、また来年のお楽しみにすることにしました。

今回の国体は私が高校時代を過ごした札幌だったこともあり、懐かしい人にたくさん会うことができました。
事前合宿に滞在したかもい岳は、私が小学生~中学時代を過ごし、スキーの基礎をたたきこまれた場所。
原点に戻って練習できたことが、一番の収穫でした。
大人になってやっと、自分が恵まれた環境でスキーをさせてもらっていたんだな~と実感したのでした。
もっと早くなりたいジュニアや社会人の皆さん、1度はかもい岳でトレーニングしてみてください!
私も毎年行きた~い!よし、来年はツアーやろう(笑)

かもい岳レーシングの皆さん、お世話になりました。
国体では、福島県選手団の皆さん、大変お世話になりました。
また来年も出場できたら、よろしくお願いしますっ!!!
[PR]
by hi636ra8ma | 2010-02-28 21:21 | レース
先日金曜日に、猪苗代ミネロスキー場で福島県の国体予選がありました。
私は2年ぶりの国体予選。
だいぶレースから遠ざかっていましたが、なんとか無事完走し成年女子Bで優勝しました。

これで、私の今年の目論み、『札幌国体出場』が現実となりそうです!
それまでは埼玉県にかれこれ10ウン年お世話になり、運よく優勝もして、入賞も数回させていただきました。
私が国体が大好きな理由のひとつが『一本勝負』だからです。
とにかくこの1本に全力を出せばいい。この一発屋的な大会が大好きです(笑)
そして、ノーマークの選手が優勝したり、優勝候補が失敗したり、まさにオリンピックのようです。

もうひとつの楽しみには、小学生のころから切磋琢磨していたライバルたちに再開できること。
公開練習のスタートハウスはもう同窓会状態(笑)
年に一回、往年の名選手が集まるスキーフェスティバルなんです。

大好きなバックカントリースキーも国体が終わるまでお預けにして
可能な限りポール練習したいと思ってます。

国体終わったら、そのまま北海道に残って、バックカントリーツアーをしちゃおうかな・・・とか企んでます。
そのときは、みなさんもお誘いします。
[PR]
by hi636ra8ma | 2010-01-23 18:10 | レース
先週は突然の高熱で、入院までして弱りきってましたが、

日曜日に行われる「裏磐梯ヒルクライム」にスキーのお客様たちと一緒に出場することになっており、

病み上がりで弱っていましたが、せっかく皆さんがロッジまで泊りに来てくれるのに私だけ棄権する訳にはいかず、

標高差580m、距離16k、簡単にいうと「登り坂ばっかりの自転車レース」に出場することになったのです。

私はマウンテンバイクのカテゴリーに出場

あとのメンバーはロードレーサー(みんな結構お金かけてます!)のカテゴリーで出場

土曜日にコースの下見を兼ねて裏磐梯に集合し、

「じゃあ軽くこぎましょう」的なスタートだったのに、出だしからみんなめっちゃ速い!

私が必死にこいでるのに、みんな遥か前方に消えてゆきました。

私のマウンテンバイクはみんなの自転車と比べると三輪車みたいなもので、

私の5回転がみんなの1回転ぐらい。

そりゃー追いつけるわけないです。

ひとり寂しく自転車をこいでいると、ちょうど8k地点でSS木さんとM田さんが待っててくれました。

とりあえずゴールまで行ってみるというM田さんと分岐で別れ

SS木さんと私はそこから桧原湖を一周するコースを走ることに。

そこまで大変な登りはないので、裏磐梯の景色を楽しみつつ約25kのサイクリングを楽しみました。

その夜はロッジでBBQ、焼きそばに焼きおにぎりと、炭水化物を多めに摂取。

翌日のレースに備えます。

ゴールまで試走したメンバーに、コースのことをあれこれ教えてもらい

すでに試走で筋肉痛になってしまった足をさすりながら、不安を抱きつつ就寝。

朝5時半に起きたら、すでにほかのメンバーは温泉に入り準備万端の様子。

お天気もいいし、もうここまで来たらやるしかない!とロッジを出発しました。

裏磐梯の会場につくと、もうすでに車がいっぱいでびっくり。

自転車でアップしてる人もいっぱい。

なんか、とても場違いな場所に乗り込んでしまった気分。

開会式なんて、広大な広場が780人を超える選手たちと自転車で埋め尽くされ

自転車好きな人ってこんなにいるんだと感心しました。(スキー業界も見習わなければ)

そして、いざスタート位置へ。

女子は人数が少ないので、ロードもMTBもみんな一緒のスタート。

最初は集団についていくと楽だよ、とみんなが言っていたのを思い出し

よーいバーンの合図で先頭集団についていこうと思ったら、

昨日の男子陣より速いスピードで見えなくなってしまった・・・

マウンテンバイクの人も、何人か前に行ったので

諦めないでついていこうと思ったんだけど、

距離が縮まるどころか、どんどん離れる。

前日SS木さんに「まわりのペースに惑わされないほうがいいよ」と言われたことを思い出し

開き直ってマイペースを決め込みました。

8k地点にさしかかり、やや登り坂になってくると、ペースダウンしている人がちらほら。

昨日試走したのはここまでだったので、これからは未知の世界。

とにかく、ペースを落とさないように、ギアを軽くして、一生懸命こぐ事に集中。

私よりあとからスタートした男性陣が、追い越すときに声をかけていってくれて、ひたすら続く登り坂にめげそうになるのを励ましてくれました。

残り4K地点の看板が見えたころ、カーブまでの距離が短くなり、さらに登りがきつく感じはじめたとき、SZ木さんが言っていた

「自転車をおりるより、ゆっくりでも漕いでいたほうが早い」という言葉を思い出し、一番軽いギアでちっとも進まないけど、とにかく足の回転を止めないように無心で漕ぎ続けました。

あとゴールまで1kにさしかかると、傾斜がなだらかになり、遠くにゴールらしきものが見えました。

最後の力を振りしぼり、ギアを少し重くしてスパートをかけてみました。

よろよろしてる男の人を一人追い抜いてゴール。

やった~!完走できた~!

ほとんど見る暇のなかった景色に目を向けると、そこは雲の上。

はるか下にスタート地点の桧原湖、遠くに磐梯山の爆裂火口が見え、

レースの達成感と大自然の美しさ、そしてここまで自転車で登ってきたということへの驚き。

すでにゴールしたメンバーが歓迎してくれ、お互いの完走を称えあいました。

順位のことよりも、完走することを目標にしてた私ですが

「マウンテンバイクの人、あんまり前にいなかったよ」と言われ

もしかして入賞するかも?的な期待感が生まれてきました。

レースが終了し先導車のあとをついて、集団でコースを下ります。

苦労して登った道を下るのはなんとも爽快。ダウンヒルだけの大会、開催してほしいです(笑)

そして、閉会式。

マウンテンバイク女子の部で、なんと2位に私の名前が呼ばれ

一緒にいたみんな「えーーーー!!」っと仰天。

ちゃっかり者の私は、銀色の小さなトロフィーとお米を貰ったのでした。

今回、めんどくさがる私を一緒に誘ってくださった「ロッジとゆかいな仲間たち」の皆さん

埼玉の自転車ショップ「大福屋」さんのメンバーで「ロッジの仲間と大福屋」で出場してくれた皆さん

たくさんのアドバイス、本当にありがとうございました。

冬はスキーを教えてる私ですが、オフシーズンはお客様に教わってばかり(笑)

来年もぜひ、皆さんと一緒に出場したいです。

c0110386_12144422.jpg


専門外で表彰されると、結構うれしいですね!
[PR]
by hi636ra8ma | 2009-09-07 12:33 | レース
先週、桧枝岐村に行って来ました。
目的は4月にも出場したエクストリームシリーズに出ること!
メンバーが1名変更になりましたが『ロッジとゆかいな仲間たち』健在です!

c0110386_8212961.jpg

普段、何もトレーニングをしていない私がどれだけパワフル夫妻についていけるかが勝負のカギを握る今回のレース。不安と期待を胸にいざスタート!
c0110386_8214561.jpg

50チーム、総勢150名が一度にスタート!
意外と、みんな控えめにスタートするんです。押し合いとかないし。
ここが、アドベンチャーレースのいいところ(笑)
そして、あの急斜面で有名なスキー場のゲレンデを一気に駆け登り
心拍数が急上昇。体に悪いスポーツです。はい。
そして、チェックポイントを探しに山の中を登ったり、下ったり、
コースは決まっていないので地図を見ながらどこを通ってもいいんです。
c0110386_8215342.jpg

c0110386_822118.jpg

パワフル夫妻に置いてかれないように必死です。
展望の悪いピークをすぎて下ったところに、なんとこんな巨木が!
さすが、大自然がいっぱいの桧枝岐です。
c0110386_822238.jpg

トレッキングが終わると、次はMTB。
地図をみると、すごい距離、高度さ500m、てことは、全部登り?
高校生のころのスキー部の合宿みたい。俗にいう、根性練習。すっかり根性がなくなった私は、一気にやる気がなくなります。バテバテの私を見かねて、チームメイトが私を後ろから押してくれます。
まるで電動アシストつき自転車に乗ってるような感覚。こういう助け合いがアドベンチャーレースの醍醐味なんですね。って、一番いいのは私が自力で登ることなんだけど。やっとの思いでチェックポイントにつくと、今度は登った山道を一気にくだります。これは本業だから大得意。今までの苦労が報われます。下りきると、ゴールはすぐそこ。
c0110386_82218100.jpg

そして無事3人一緒にゴ~ルイン!!
やー今回はパワー系レースで、ほんと疲れました。
ベテランパワフル夫妻の足を引っ張りながらも、『ロッジとゆかいな仲間たち』は6位入賞!
男女のミックスチームでは4位でした。私がもっと頑張れば表彰台も夢ではない??
c0110386_8222681.jpg

そして、夜は参加者全員参加のBBQと表彰式。これが楽しみで出場する人も多いのだとか。
レースの途中でイワナのつかみ取りがあったけど、それが塩焼きになって出てきた!
なんて、合理的!大会関係者のみなさん、スタッフの皆さん、楽しい大会をありがとうございます。
そして、いつも私の世話をしてくれるパワフルご夫妻、本当にありがとうございました!
最終戦も、でちゃう?!
[PR]
by hi636ra8ma | 2009-06-27 09:15 | レース
先日、アルツ磐梯スキー場で行われたICI(石井スポーツ)カップに

チーム『ロッジとゆかいな仲間たち』で参戦してきました!

前日は箕輪スキー場の常設ポールにてトレーニング。

強風と寒さにめげそうになりながら、何度も帰ろうと言いそうになりながらも、結局夕方4時までがんばりました。

私は、久しぶりのレース用スキーの加速が楽しくて

お客さんをほぼ放置して練習してました( ^^;) スミマセン・・・

そして、翌日アルツ磐梯スキー場へ

どうですか、この一枚バーン!

湖に飛び込む気持ちで突っ込みましょう!

c0110386_14252311.jpg


練習の甲斐あって『ロッジとゆかいな仲間たち』大フィーバー!

入賞ラッシュ!!(ちょっと大げさ?)

60歳以上の部で滝川さんが6位!

45~54歳の部で、前日に体調を崩していた佐々木さんが3位!

c0110386_14291217.jpg


優勝まで0.39秒 激戦でした!

でも、欲しかったゴーグルがもらえてよかったですね~

そして35~44歳の部で

畑さんが優勝!!(私より1秒以上速かった~)

c0110386_1429122.jpg


自分が入れそうな大きなバックもらって。

そして私は2年ぶりのレースでしたが、なんとか優勝

(佐々木さんのスタートワックスのおかげ?!)

そして、表彰式では豪華賞品がずらり。

スパイダーのワンピーから新潟のお米まで盛りだくさん。

私は旅行バックといちご(とちおとめ)をもらったのに

じゃんけん大会でも勝ってしまってスキー用グローブをもらってしまった!

ICIさん、ほんとスミマセン

そして、誰もが予想していなかった

小渕クンのブービー賞

c0110386_14311687.jpg


賞味期限の近いカップラーメンたくさん(笑)

メタボ要注意!T芝チームの面々に分け与えてください。

でも、よくあの荒れたバーンを完走しましたね~

今回入賞できなかった方も、めげずに来年出場しましょうね!

みなさんお疲れ様でした!

c0110386_11304854.jpg


そうそう、今週の日曜日は箕輪カップです。

当日申し込みもできるので、参加したい方は一緒に参戦しましょ~!!
[PR]
by hi636ra8ma | 2009-03-09 12:12 | レース
昨日、3月21日におこなわれた沼尻温泉スキー大会に参加してきました。
昨年は大雪でパウダーの中、ほぼラッセル状態でしたが、今年バーンが堅くて最高のコンディションでした。
私は、2月の国体以来のレースだったのでちゃんと滑れるか心配でしたが、Yさんとアイスを賭けたおかげで、闘争心に火がつき女子のラップタイムとハーゲンダッツのアイスクリームをゲットすることができました。(Yさんごちそうさまでした!)
『ロッジとゆかいな仲間達』のメンバーも大健闘し、豪華賞品をごっそりいただいて帰りました。

c0110386_19164279.jpg
c0110386_19165360.jpg

Yさんは3位入賞。来年は優勝してね!

タイムと順位はこちらです↓↓↓

 私    41'49  一般女子1位
Y岩さん   41'82  一般男子3位 
M田さん  43'52       10位
I田さん   43'94       13位
S籐さん  44’58       16位
S井さん  45’58       24位
S木さん  52’78       44位
M谷さん  55’99       47位

みなさん本当にお疲れ様でした。
成績がよかった人も悪かった人も、また来年私と勝負しに来てください(^^♪
[PR]
by hi636ra8ma | 2007-03-22 19:44 | レース